デジカメ専用ビューアー WinCCDのご紹介

[サムネイル一覧ウインドウ]

[プレビューウインドウ]
WinCCDはシェアウエアです。初回起動後30日間、無料で全機能をご試用いただけます。
シェアウエア金額等はこちらからどうぞ
 このページでは、ALPICの公開するデジカメ専用画像ビューアー『WinCCD』(ウインシーシーディー)の主な特徴をまとめています。

 WinCCDは、
 (1) メディアからの画像のロード 
 (2)画像の管理&選別
 (3)画像の鑑賞
 (4)外部レタッチソフトの起動
までをトータルでお手伝いします。

 デジタル一眼レフを使いこなすハイエンドユーザーから、コンパクトデジカメをお持ちのライトユーザーの方まで、幅広くご使用いただける高速レスポンスな画像閲覧&管理ソフトで、特にサムネイルや表示画像のクオリティに力点がおかれています。

 写真が好きな方なら感じたことがあるでしょうが、撮った傑作をまとめてあるフォルダをサムネイルで一覧するとき、なんともいえない幸福感に包まれるものです。そのときのサムネイルはできるだけキレイであってほしい。それを実現したいと思います。
 
 WinCCDの最大の特徴が、このタブ型インターフェース。
「ワークシート」と呼ばれる一種のショートカット集を作成して、気に入った写真を、どんどん整理できます。
このワークシートは、ユーザーが自由に作成でき、追加したいファイルをタブ上にドロップするだけ。
簡単なインターフェースで写真の整理&選別の効率を飛躍的に改善します。
 例えばプロカメラマンなら、新しくワークシートを作って、これはという仕上がりの写真をどんどん追加。次にワークシート内で最終選別をして、いちばんいい仕上がりのものをレタッチ、クライアントに納品。
 連写機能の向上やメディアサイズの増加でほとんど破綻しかけているような画像管理が、楽しい作業に変わります。
 ワークシートに追加されたファイルは、ファイルのリストとして保存が可能。また、ワークシート名をフォルダにして、実際のファイルとして書き出すことも可能です。

※ワークシートに画像を追加しているだけでは、実際の画像ファイルのコピーや移動は発生しません。仮想的なショートカットリストのようなものです。

 
 画像を1:1よりも小さく縮小して見る場合、そのままだと折り返しによって見づらいシャギーが発生し、鑑賞やピント確認の邪魔になります(この状態のままのアプリケーションも少なくありません)。WinCCDはスマートレンダリング機能を持っており、シャギーを抑えたレンダリングを実現。細い線や斜めの線の見やすさが飛躍的に向上し、ピント確認も容易になっています。
 このスマートレンダリングは画像のプレビュー時だけでなくサムネイルにも適用され、小さくてもつぶれにくく見やすいサムネイル表示が実現されています。

スマートレンダリング
OFF

スマートレンダリング
ON
 プレビュー時にはスマートレンダリングのON/OFFが可能です。ON時には高品位な画像、OFF時には高速な表示が使い分けられます。切り替えはプレビュー画面のツールバーをワンクリックするだけ!

←このボタンです

※サムネイルは常にONの状態で作成されます。

 
 市販されているデジカメのほとんど全ては、Exif情報という専用の形式で、撮影情報やサムネイル情報をJPEGに埋め込んでいます。WinCCDでは一覧表示時にこのExifサムネイルを利用することで、一覧画像作成を高速にこなします。Windowsエクスプローラのサムネイルを作る速度とは比べ物になりません。
 また、撮影情報として必要なExif情報のほとんどを表示可能。撮影後に撮影時の露出その他のセッティングを検証することが可能です。なお、これらの一覧作成&Exif解析は、バックグラウンド処理で実現。ユーザーの作業を中断させません。また、マルチスレッド対応により、複数CPU機やハイパースレッディング対応CPUではそのメリットを100%生かし、さらに快適なフィーリングが実現します。
 サムネイル画面は写真が見やすいように、トーンが抑えられた配色になっています。サムネイルをダブルクリックすると、専用のプレビュー画面に。「見やすさ」と「使いやすさ」にこだわってみました。
(Shift+ダブルクリックでは登録アプリにアタッチされます)

 デジタル一眼レフをはじめとするハイエンドカメラでは、RAWと呼ばれるCCDの信号形式をそのまま記録する方法が普及しています。ところがこのRAWと呼ばれる形式は各メーカーでまちまちで、メーカー純正のソフトか専用のソフトを用いてデジタル現像処理を行わない限り、画像としては見られませんでした。
 WinCCDは独自の解析エンジンを搭載することで、RAWファイルの中に埋め込まれている簡易表示用のJPEGファイルをプレビュー画像として採用。現像処理を行わずにRAWファイルをプレビューすることが可能です。
 このRAWに埋め込まれたJPEGファイルは、メーカーによっては実際にCCDが撮影した画像の半分程度の解像度であることも少なくなく、例えばRAW+JPEGで撮影した際には、JPEGの本画像を見るときに比べCPU負荷も軽く、かえって快適なブラウジングが実現できてしまったりします。

 また、WinCCDはRAWファイルのサムネイル画像の認識(対応は下記)も可能。RAWであってもJPEGと変わらないシームレスな閲覧を実現しています。
※リストが二つに分かれていることに意味はありません。単にレイアウト上の都合です。

【リスト1】
メーカ CANON CANON NIKON FUJIFILM SONY
RAW拡張子 CR2 CRW NEF RAF SR2
モデル名 EOS-1 Ds MarkII ○
EOS-1 D MarkII ○
EOS-1 D MarkII N ○
EOS 5D ○

EOS 30D ○
EOS 20D ○
Kiss DigitalN ○
EOS 10D ○
Kiss Digital ○
D50 ○
D70s ○
D80 ○
D1H (△2)
D2H (△2)

D2Hs ○
D2X ○

D100(△3)
D200 ○
(FinePix)
S3 Pro ○
S5 Pro ○
F700 ○
E900 ○
DSC-R1 (△4)

【リスト2】
メーカー KONICA
MINOLTA
PENTAX OLYMPUS EPSON
RAW拡張子 MRW PEF ORF ERF
モデル名 DiMAGE A1(△1)
α-7 (△1)
α Sweet Digital (△1)
*ist DL ○
*ist D ○
*ist DS ○
E-1 ○
E-300 ○
E-500 ○
R-D1(△4)

○:サムネイル&プレビューとも実機で確認済み
△1:サムネイルは通常表示可能、プレビュー画像は640x480になります(メーカーの仕様です)
△2:サムネイルは通常表示可能、プレビュー画像は570x375になります(メーカーの仕様です)
△3:サムネイルは通常表示可能、プレビュー画像は640x425になります(メーカーの仕様です)

△4:サムネイルは通常表示可能、プレビュー画像は640x424になります(メーカーの仕様です)
※茶色文字機種はユーザー様にご協力いただいた確認情報です
※NIKONのNEFで、PictureProject等の外部ソフトでレタッチ後、サムネイルの色あいが暗くなって表示されることがあります。これはWinCCDの不具合ではなく、実際にNEF内の埋め込みファイルの色あいが変化したために起こる現象です。
※上記はWinCCDの開発時に実機で確認したりストです。これ以外の機種ではプレビューできないという意味ではありません。同一ファイル形式の兄弟機でも使用可能と思われますまた、このRAWの直接プレビューは今後も対応ファイルを広げる予定です。

 
 写真を仕上げていく一連の作業を料理にたとえると、ネタを実際にさばくのが、お好みのレタッチor現像ソフトだとすれば、WinCCDのサムネイル一覧はそのネタをバッと広げて吟味する、いわばまな板のようなものです。地味かもしれませんが、まな板がよくできていないとネタをうまくさばけなくなります。
 WinCCDは、ユーザーひとりひとりの好みや感性、見やすさに合わせて、サムネイル一覧の表示を細かくカスタマイズすることが可能です。自分で作業しやすいと思う環境を作ってください。
 写真を『料理』するのを強力にバックアップします。ソフトの細部の挙動も自由にカスタマイズできます。
 さらにVer.1.50からは、ユーザー側でサムネイルサイズを任意に設定可能(20pix〜200pixの範囲)になりました。
 WinCCDに組み込まれている標準設定がこの状態です。

 いろんな画像がなるべくソツなく見られるようにしてありますが、好みは人さまざまで、ALPICで作成したこのカラーリングが全てのケースをカバーできるとは限りません。
 写真以外は何もいらない、という方のニーズにもお応えします。ノートPCなど、画面リソースが厳しいケースには例えばこんな風に。

 無駄なものは一切表示せず、サムネイルも小さめに。上の標準状態と比べると、同じ広さに表示されている画像数が飛躍的に増えています。

 また、サムネイル枠のカラーを背景と同じにすることで、このように画像のみを表示しているような効果も設定できます。

 カラーリングだけではなく、サムネイルの間隔や余白の調整も可能です。
 あくまで参考例ですが、ビビッドなカラーリングが好みの方なら、やろうと思えばこんな風にも。

 好みに応じて、フォントの書体やサイズ、色までも変更することが可能です。

 【Ver.2.00→Ver.2.60への変更点】
   大変お待たせし申し訳ありませんでした。8年と半年ぶりの新バージョンです。
  ・内部のunicode化により最新OS環境に対応(日本語以外のOSでも動作可能に)
  ・一部のJPEGでサムネイル作成に失敗するバグの修正
  ・細かいバグの修正とソース内部の大整理により安定度が向上
  ・サムネイル選択時にSHIFTキー押下+クリックによる自動連続範囲選択が可能に
  ・インストーラー廃止


 【Ver.1.52→Ver.2.00への変更点】
  ・内部に「サムネイルサーバー」の導入
   →キャッシング機構の大幅変更により多量のファイルの閲覧がこの上なく快適に
   →プレビュー版で存在したキャッシュ切り替えは正式版では廃止されより洗練されたキャッシュになっています。
  ・デフォルトワークシートでワンキーで写真選択
  ・TIFFに対応
  ・フィットモード時にワンクリックでその場所を等倍表示
  ・「ミニプレビュー」ウインドウの新規追加。プレビューをしなくても画像が表示でされます。
  ・EXIF情報に、撮影時刻と変更時刻の両方を表示
  ・一部のNEFで撮影時刻でソートされない問題の修正
  ・フォルダの新規作成回りの追加&プレビューリリースでのバグFIX
  ・フォルダの名称変更に対応


 【Ver.1.50→Ver.1.52への変更点】
  ・大量のRAWファイルを開いたときにクラッシュする問題の修正(NEF、CR2他)
   →データ構造を変更しました。安定してお使いいただけます。
  ・NEFでサムネイルが暗く&淡くなる問題の対策
   →暗く&淡くなっていたケースで、若干のスピードと引き換えに対策してみました。
  ・Photoshopの書き出しなど、一部JPEGでExifが表示されない問題の修正
  ・一部のPSDを開くとクラッシュしていた問題の修正
  ・プレビュー画面でマウスのグリグリで「拡大縮小」「画像送り」の選択可能
  ・スライドショーダイアログを毎回出さないように設定可能
  ・WinCCDの複数起動の抑制&ダブルクリックしたファイルは起動中のWinCCDで開くように
  ・サムネイル作成エンジンのスレッドプライオリティ見直し(動作が滑らかに)
  ・一部のツールバーアイコンの図案差し替え(「ワークシートを開く」アイコン)
  ・「スライドジョー」と誤表記になっていた問題の修正
  ・レジストした際のライセンスファイルの廃止(ログインユーザー名がライセンス先になります)
  ・起動シーケンスの一部見直し、軽量化
  ・その他細部のリファイン&マイナーバグフィックス


 【Ver.1.13→Ver.1.50への変更点】
  ・サムネイル作成手順の大幅見直しによる体感速度の飛躍的向上
  ・登録アプリを複数設定できるように
  ・ユーザーでサムネイルサイズを自由に設定可能(20〜200pix)
  ・プレビュー画面上で不要ファイルの削除、ワークシートからの除去に対応
  ・プレビュー画面からのワークシートへの追加機能
  ・プレビュー画面から登録アプリへ
  ・プリイメージ周辺の使いやすさ向上
  ・ファイラ部分の機能強化(削除時&ペースト時にサムネイルを再作成しない、他多数)
  ・ワークシートへの追加時の軽量感アップ
  ・ワークシートにドラッグドロップ以外でファイルを追加できるように)
  ・ツールバーアイコンの全面刷新
  ・BGMつきスライドショー機能
  ・ヒストグラム部分の内部処理見直し、NEFでも正常表示
  ・ヒストグラムやExifウインドウの表示ON/OFF
  ・その他各部のバグフィックス
  ・シェアウエア化
  他、多数


 【Ver.1.12→Ver.1.13への変更点】
  ・フォルダ並びで、ドライブまでソートしてしまっていた問題の緊急修正 (ご迷惑をおかけしました)


 【Ver.1.10→Ver.1.12への変更点】
  ・FUJIFILM FinePix S3 Pro / F700のRAWに対応
  ・SONY DSC-R1のRAWに対応
  ・画面の16ビット色モードでクラッシュする不具合の修正
  ・一部のJPEGを読み込むとクラッシュする不具合の修正
  ・フォルダの並びが名前でソートされない不具合の修正


 【Ver.1.00→Ver.1.10への変更点】
  ・EPSON R-D1のRAWに対応
  ・ヒストグラムのRGBモードに対応(※1)
  ・プレビュー画面の全画面表示に対応(F11キーでスイッチ可)
  ・全画面表示時のツールバーON/OFFのカスタマイズ
  ・キーボード操作の充実化
  ・ウインドウの境界位置を次回起動時に復元できるように対応
  ・スマートレンダリングのON/OFF状態の保存に対応
  ・JPEGライブラリをDLL化(機能に影響なし)
  ・最大化終了時、次回にウインドウの通常サイズ位置が戻らない問題の修正
  ・最小化時にタスクバーで右クリックするとクラッシュする問題の修正
  ・プレビューで「←」「→」のツールチップがおかしかった部分の修正
  ・プレビューウインドウでスクロールバーの表示がおかしくなる部分の修正
  ・レンズ最小F値の表示値がおかしかった問題の修正

  ※1 Nikon-NEF/KonicaMinolta-MRW/EPSON-ERFなど、160x120サイズのサムネイル
     がRAWファイル内にないケースではWinCCD内部で作成するため、ヒストグラム
     表示に階調ヌケ等が出ることがあります。(今後の改善課題です)


 【Ver.0.98→Ver.1.00への変更点】
  ・カスタマイズ機能を大幅に増強(各種挙動、表示色、フォント他)
  ・縦方向のサムネイルを持つExif類似画像に対応
  ・Exif情報が表示できなかったJPEGに広範囲に対応
  ・NIKON NEFの対応を大幅に強化、純正アプリでの編集後も閲覧可能に
  ・プレビュー画面で画像を移動時、サムネイル側のフォーカスとExif情報を連動化
  ・サムネイルウインドウ上でCTRLキーによる選択/非選択に対応
  ・サムネイル生成ルーチンの内部処理を変更、多少の高レスポンス化
  ・サムネイルサイズ等を保存、次回起動時に前回設定を記憶
  ・ワークシート書き出し時にフォルダが存在しない場合は自動作成
  ・その他細部のバグフィックス&リファイン


 【Ver.0.96→Ver.0.98への変更点】
  ・Photoshop PSDが閲覧&プレビュー可能に(RGBモードファイル、Ver.5.0以降に対応)
  ・EOS 10DのRAWファイル(CRW)に対応
  ・NIKON D2HのRAWファイルに対応(メーカー仕様により、プレビューサイズに制限あり)
  ・ワークシートでサムネイルが更新できなかったバグの修正


 【Ver.0.95→Ver.0.96への変更点】
  ・一部メーカーのRAWのサムネイル表示不具合(偽色発生等)の修正
  ・NIKON NEFのサムネイルのアスペクト比がおかしかった問題の修正


 【Ver.0.91→Ver.0.95への変更点】
  ・BMP, GIF, ICO, CURの各フォーマットも閲覧&プレビュー可能になりました。
  ・Exif-JPEGのサムネイルデコードエンジンの見直しによる高速化
  ・一般JPEGのサムネイル作成時の不具合を修正、高速に
  ・大量の画像閲覧時にVRAMを使い切ってしまう問題の修正
  ・大量の画像閲覧時の挙動改善
  ・サムネイル作成時のインジゲーター表示
  ・サムネイルの配色を変更



 【Ver.0.90→Ver.0.91への変更点】
  ・ 画像閲覧のたびにプレビューウインドウの位置が前回閉じた位置に戻ってしまう現象を緊急修正しました。



 【Ver.0.80→Ver.0.90への変更点】
  ・JPEGエンジンを刷新し、CPU機種への依存がなくなりました。
  ・Exif情報をもたない一般のJPEGでもサムネイルを自己作成し、一覧表示&閲覧が可能になりました。
  ・マイナーバグフィックスを実施しました。
  ・使用制限のないフリーウエアとして公開しました。

(zip形式 / 無料試用期間:30日間)


ダウンロードの際には、クッキーをONにしてダウンロードしてください。
Readme.txtはダウンロード前でもこちらからお読みいただけます

[トップページへ戻る]


Copyright (C) 2005- ALPIC All rights reserved.

support@alpic.jp